アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

スポンサーリンク

ビンセント・キルリケマイヤー、ウェンゲン初制覇

快晴のウェンゲン、第89回ラウバーホーンレーネン滑降はオーストリアのビンセント・キルリケマイヤーが昨年の覇者、ベアト・フォイツを0.14秒差抑えて初制覇、W杯通算4勝目をあげました。 今日は迷いに迷った挙句、定番のアイガー峰バックのロングターンに撮…

マルコ・シュバーツ、アルペン複合初優勝 ウェンゲン

マルコ・シュバーツがアルペン複合初優勝、W杯通算2勝目、初優勝は正月のシティーイベントだったので、「本チャン」のW杯レースは初勝利と言っていいでしょう。 昨晩の降雪予報の影響で、コース準備のために滑降と回転の実施順序を逆にしてSLから行われた今…

ドミニク・パリスがラップ ウェンゲン滑降トレーニングラン

曇天、小雪舞うなか行われたウェンゲン滑降トレーニングラン2回目はイタリアのドミニク・パリスがラップでした。 2013と2017のキッツビュール、ハーネンカムの勝者、前戦ボルミオでも優勝を飾りましたが、まだウェンゲンでの勝利はありません。 今日の撮影ポ…

ベアト・フォイツがラップ ウェンゲンDHトレーニングラン

今日も快晴のウェンゲン、滑降トレーニングラン1回目はレッドビブのベアト・フォイツが2位のマウロ・カビエッツェルに+1.16秒の大差をつけてラップでした。 フォイツは今季、滑降の開幕戦レイクルイーズこそ6位でしたが、その翌週のビーバークリークで優勝す…

快晴のウェンゲン

今日は予報通り、快晴となったウェンゲンですが、前述のようにトレーニングランは中止で「もったいない」一日となりました。 写真はフントショフのジャンプからミンチカンテ、カナディアンコーナーを臨むことができるトイ面の斜面から。写真下の黄色い車両が…

DHトレーニングランは水曜に延期

ラウターブルネンの常宿でゆっくりと朝食をとったあとは、昼過ぎにウェンゲンのプレスセンターに上がりました。 写真はイタリアチームがウェンゲンの駅で荷物を軽トラックに積み込みホテルに向かうところです。 プレスセンターで首から下げる顔写真付きのプ…

マルセル・ヒルシャー67勝目 アデルボーデンSL

湿り気を帯びた雪が間断なく降り続くアデルボーデン、今日も勝者はマルセル・ヒルシャーでした。1本目3位、ラップの僚友マルコ・シュバーツに+0.39秒からの逆転勝利。 W杯通算67勝目、同会場9勝の新記録を達成です。 写真はマルコ・シュバーツの片反コースア…

マルセル・ヒルシャー66勝目 アデルボーデンGS

マルセル・ヒルシャーがW杯通算66勝目をあげました。(シュテファン・ルイツのビーバークリークでのレース前酸素吸入が違反判定で勝利取り消しとなり、勝利数が一つ増えました) スイスのメディアの報道によると、今日の勝利によりアデルボーデンで4回目のGS…

アデルボーデン到着

夜が明けきらぬうちにドイツ、ミュンヘンから車を走らせ7時間弱、スイスのアデルボーデンに着きました。 道中、除雪車先導のノロノロ運転に巻き込まれながらも、お昼前にはチューリッヒ空港に立ち寄ってスイスコムのプリペイドSIMカードを買いました。 ユー…

雪のミュンヘン

雪のミュンヘンに着きました。 上空からこんなに真っ白なミュンヘンを見るのは久しぶりです。 それもそのはず、ヨーロッパ全体で年明けからモッサモッサと雪が降り、各スキー場のSNSはこんなに雪積もってるよ!のオンパレードです。 おまけに今週末のザンク…

ザグレブの結果

一昨日、クロアチアの首都、ザグレブで行われたSL第5戦(正月オスロのパラレルSL含む)は、マルセル・ヒルシャーが勝利し、SL通算30勝目をあげました。 W-CUPのSL初優勝は2010年12月、バルディゼールでした。 www.alpineskiphotography.com ちなみにこのシー…

全日本選手権雑感2

2日と3日は箱根駅伝を撮影しておりました。 往路も復路もゴールでは脚立に乗って撮っていたせいもあり、テレビにはチラチラと映ったようで、あちこちから「見たよー」と連絡もらいました。笑 新年明けましておめでとうございます。 2007年1月からスポーツナ…

湯浅直樹、高校2年の初優勝 全日本選手権阿寒雑感1

正直に申し上げて、これほどまでに他を圧倒して湯浅直樹が勝利するとは思っていませんでした。 それというのも、3月に左膝の手術、スキー、ブーツ共にマテリアルのチェンジ、11月にようやく雪上復帰、そして今月初旬、中旬の中国でのファーイーストカップで…

湯浅直樹連覇 向川桜子が優勝 全日本選手権阿寒SL

日本のエース、35歳のベテラン湯浅直樹が貫禄の滑りをみせ、2位大越龍之介に1.62秒の大差をつけて連覇しました。 今日も気温マイナス14℃。快晴と言ってもいい絶好のコンディションで男女SLは行われました。 氷結のバーンに男女共、コースアウトが続出。サバ…

安藤麻 全日本選手権GS優勝

気温マイナス14℃、小雪舞う中行われた阿寒全日本選手権2日目、女子GSは安藤麻が1本目3位から逆転で勝利しました。 昨日より冷え込んだことで、インジェクションが打ち込まれたコースはさらにその硬さを増し、ワールドカップ並の絶好のコースコンディションで…

石井智也 全日本選手権GS連覇

石井智也が貫禄の勝利。昨年に続き全日本選手権GSを制覇しました。 快晴の阿寒、気温はマイナス5℃。常に日陰の北向き斜面はもう少し寒さを感じましたが、バーンも硬くしまり、絶好のレースコンディション下、男子GSは行われました。 1本目でラップを奪った石…

阿寒湖温泉到着 全日本選手権

阿寒湖温泉に到着しました。 私は2000年12月以来、18年ぶり2度目の来訪です。 まだプロ用デジタルカメラが普及しておらず、フィルムで撮っていた18年前のレースには深い思い出があるのですが、その話はまた後日書きます。 セルデン以来、「現場」のレポート…

12月のワールドカップもお休みします

毎年、今頃はフランスのバルディゼールに向かう車を運転中の頃ですが、先月のレビに続き、今月のワールドカップ撮影もお休みいたします。 このブログを楽しみにしていただいている方々、申し訳ありません。 年末の北海道、阿寒での全日本選手権は撮影予定で…

レビの結果

女子SL第1戦 1位ミカエラ・シフリン 2位ペトラ・ブルフォバ 3位ベルナデッテ・シルト 1本目 37位安藤麻(+2.48)40位向川桜子(+2.63)61位石川晴菜(+4.20) 男子SL第1戦 1位マルセル・ヒルシャー 2位ヘンリック・クリストッファーセン 3位アンドレ・ミュー…

レビは「欠席」します

例年であれば、今頃は「レビに到着」とブログをアップするところではありますが、撮影旅費の資金難により、レビ行きは断念いたしました。 アルペンスキー撮影記を楽しみにしていただいている読者の方々には申し訳ありません。私の資金集めの「営業力不足」で…

セルデン男子開幕戦はキャンセル

男子開幕戦はキャンセルとなりました。 今朝早く、スタート時間を1時間遅らせて行うとアナウンスがありましたが、先ほど、コースコンディション、今後の天気の状況を考え、キャンセルが決定されました。 2年連続での男子開幕戦キャンセルです。 小雪で開催が…

テッサ・ウオーリーが悪天候の開幕戦を制す

2018-19シーズンの開幕戦はフランスのテッサ・ウオーリーが1本目3位から逆転で今季最初の勝者となりました。セルデンは初勝利、ワールドカップ通算13勝目です。 日本チームは4選手中、2人が2本目に進出。 昨年に続き安藤麻は順位を残し、26位。 石川晴菜は自…

セルデン到着

ながらくのご無沙汰でございました。 先ほど、セルデンに到着しました。気温は13℃。日向ぼっこには最適な初秋です。 昨晩、ミュンヘン空港近くのホテルで一泊し、今朝9時にゆっくりとレンタカーを走らせました。今回のお供はトヨタ アバンシス。 日本では見…

須貝龍、アルペンスキーからスキークロスへ転向

高速系唯一の侍がスキークロスへ転向することになりました。 昨シーズン、ウェンゲンのアルペンコンバインドで29位となり自身初のW杯ポイントを獲得、翌週のキッツビュール滑降でも杵渕隆さん以来、31年ぶりとなる日本人選手の完走を成し遂げた須貝龍(クレ…

湯浅直樹ATOMICへマテリアルチェンジ

極寒の平昌以来となる湯浅との再会は、30℃を超える暑さの東京でした。 2018-19シーズンより、湯浅直樹はアトミックスキー、アトミックブーツで戦うことになりました。 中学3年から34歳のシーズンまで共に戦ってきたハートスキー。 その20年間の相棒に別れを…

湯浅直樹、未だ闘志「炎上」中

湯浅直樹は今日のファーイーストカップ遠軽SLの2戦目を欠場しました。 昨日はコース前半でコースアウト。 左膝の痛みで思うような滑りができないと今日の欠場を決断し、今シーズンを終えることとしました。 今シーズンは当初から練習も満足にできないほど左…

平昌オリンピック終了

PyoeongChang 2018 winter olympic games も昨晩無事に閉会式を終えました。 湯浅の悔し涙を撮った翌日は元アルペンレーサー、梅原玲奈のスキークロスを撮り、その翌日はスノーボードパラレル大回転、竹内智香選手を撮りました。 梅原玲奈選手は残念ながら1…

湯浅直樹の悔し涙 平昌オリンピック男子SL

湯浅の悔し涙を見たのは久しぶりでした。 2本目は滑らないかもしれないと思いながら、ゴールで彼を待っていましたが、会場の大画面に映る間もなくコースアウト。 かろうじて、ゴール近くでコース外に出る寸前のうつむく湯浅を撮ることができました。 湯浅と…

アルペンスキー競技もあと4つ 平昌オリンピック

今晩のジャンプラージヒル団体の会場にきています。 ベニュープレスセンターは多くのカメラマン、記者でにぎやか。「決戦」にそなえて各社、打ち合わせにも余念のない様子です。 私の配置、役割も打ち合わせ完了。 今晩は共同通信は私を含め4人で撮影するの…

エステル・レデッカ女子SG金メダル 平昌オリンピック

www.sanspo.com 31番のペトラ・ブルホバまで滑りを撮り終わって、ゴールエリアに降りて行くと、ぽかーんとしてしまいました。 それというのも、15番スタートのアンナ・ファイトがティナ・ワイラーターを上回った時点でFISのモバイルを見るのをやめていたから…