アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

スポンサーリンク

ミカエラ・シフリン無冠に終わるか 北京五輪

t.co昨日、アルペンスキーの個人競技がすべて終了しました。 最後の種目は女子アルペン複合。 スイスのミッシェル・ギジンが金、ウェンディ・ホルデナーが銀、イタリアのフェデリカ・ブリニョーネが銅でした。 滑降でギジンを0.44秒上回り、かつ先にSLをスタ…

マティアス・マイヤー史上初の三大会連続金 北京五輪

news.yahoo.co.jp 北京五輪、男子SGはマティアス・マイヤーがソチ滑降金、平昌SG金に続き、北京SGで金メダルに輝きました。 今日も快晴の延慶(ヤンチン)、見事なブルーの青空をバックに飛んでくる選手を捉えることができました。 気温も若干高めで過ごしや…

旗門不通過続出 北京五輪 滑降トレーニングラン

快晴の延慶(ヤンチン)、男子滑降トレーニングラン1回目が行われました。 ときおり横風で望遠レンズが揺れることもあり、じっとしていると、昨日感じなかった寒さもキンキンと感じました。 それでも覚悟していたほどではなく、バルガルディナやアルタバディ…

北京五輪 延慶ヤンチン滑降コース

北京到着から3日が過ぎようとしています。 今日は男子滑降コースのカメラマン視察に行ってきました。 コース内には入れませんでしたが、迂回コースを滑って、実際に現場でいくつかのフォトポジションの説明を受け、撮影のイメージを固めることができました。…

延慶(ヤンチン)到着 2022北京オリンピック

北京首都国際空港からバスで1時間30分、アルペンスキー会場のある延慶(ヤンチン)に到着しました。 羽田からJALで空路4時間、ダニエル・クレイグ最後の007を見終わるとすぐ着陸。 鼻と口に綿棒を突っ込まれるPCR検査を受けて、たった一人、貸切で延慶行の大…

湯淺直樹ヒストリー世界選手権編

2011年2月20日、ドイツ、ガルミッシュ・パルテンキルヘン世界選手権、湯淺直樹は6位入賞。 オリンピック7位入賞、世界選手権6位入賞、W杯3位表彰台の「トリプルクラウン」は日本人では他になし得ていない彼だけの栄誉です。 www.alpineskiphotography.com 冒…

湯淺直樹ヒストリーW杯編

2012年12月18日、湯淺直樹はイタリア、マドンナ・ディ・カンピリオで3位表彰台に上がりました。 岡部哲也さん、木村公宣さん、佐々木明さんに次ぐ、日本人男子、史上4人目の快挙でした。 隣には全盛期のマルセル・ヒルシャーとフェリックス・ノイロイター。 …

湯淺直樹引退

2022年1月27日、湯淺直樹が引退を表明しました。 「今シーズンも10月からオリンピックで勝つためにどうやったらいいかと、大瀧コーチと取り組んできたんですが、12月のクロンプラッツのFISレースでトップと3秒差、2本目だけでもベストタイムを出そうと強い気…

石橋未樹W杯初出場 クロンプラッツGS

イタリアのクロンプラッツで行われたW杯女子GS第6戦、石橋未樹が63番でW杯初出場を果たしました。 撮影は親友、アレッサンドロ撮影です。 ゴール手前でポールに内足が入り転倒、そのままゴールを切り旗門不通過となりました。 61番スタートの水谷美穂はトッ…

安藤麻24位 蓮見小奈津W-CUP初出場 Schladming WSL

オーストリアのシュラトミングで11日に行われた女子SL第7戦、安藤麻が今季初の順位、24位となり、蓮見小奈津が56番でW-CUP初出場を果たしました。 フラッハウで行われている毎年恒例のナイトスラロームでしたが、今年は新型コロナウイルスの拡大により、シュ…

小山陽平27位で2本目へ アデルボーデンSL

41番スタートの小山陽平、トップのファビオ・グシュトラインに+1.28秒の27位で2本目に進みました! 24位までが1秒差以内という大混戦です! 撮影はガブリエルさんです。 結局、優勝はビブ38からワールドカップ初優勝、ヨハネス・シュトロルツでした。 1本目ト…

向川桜子1本目30位で自身初の2本目進出 W-CUPリエンツSL

オーストリアのリエンツで行われているW杯女子SL第4戦、57番スタートの向川桜子が1本目、トップのペトラ・ブルフォバから+1.92秒の30位で自身初の2本目進出を果たしました。 2012年12月、フランスのクーシュベルでのW杯初出場から27戦目にして、初の2本目進…

小山陽平8位 自身初のW杯順位! マドンナ・ディ・カンピリオ

先ほど終了したマドンナ・ディ・カンピリオW杯スラローム第2戦、54番スタートの小山陽平が1本目トップのクレモン・ノエルから+1.92秒の21位で2本目に進み、2本目もゴール時に2位(2本目は全体2番手のタイム)。 1本目トップのクレモン・ノエルがゴール前最後…

向川桜子41位で2本目進めず レビSL

レビSL2戦目、日本からただ一人出場の向川桜子は1本目トップのペトラ・ブルフォバに+2.99秒の41位で2本目に進めませんでした。 写真はイタリア人カメラマン、「My friend」のアレッサンドロ・トラパッティ撮影です。 彼曰く、「昨日とおんなじような写真でご…

向川桜子1本目途中棄権 レビSL

フィンランド・レビで行われているW杯女子SL第1戦、日本からただ一人出場の向川桜子は62番スタートから途中棄権に終わりました。 優勝はペトラ・ブルフォバ、2位ミカエラ・シフリンでした。 写真はアレ撮影。急斜面の終わりで転倒した模様です。 明日も同じ…

安藤麻Levi欠場

今週末、フィンランドのレビで行われる女子W杯SLの「開幕戦」、エース安藤麻は腰痛のため欠場することになりました。 本人曰く、レビに行く前にぎっくり腰になったとのことで、先週レビに入ってからも滑ることなく静養。 コルセットを日本から取り寄せて、2…

セルデンより帰国

オーストリア、セルデンより帰国しました。 マルコ・オーダーマットのセルデン初勝利の翌日は、ミュンヘン空港で鼻奥に柔らかい綿棒を突っ込まれるPCR検査を受け、その日は空港近くに一泊。 翌朝、日本帰国の際に必要な書式を取りに行き、そのままフランクフ…

Bib19のライツィンガーがトップ セルデン開幕戦男子GS

2021-22シーズンの開幕戦は19番スタートのローランド・ライツィンガーが1本目でトップに立ち、1秒以内に11人。そのうち4人は0.35秒以内につけ、2本目は大接戦の展開が予想されるます。 47番スタートの加藤聖五は2本目進出まで0.09秒及ばず、ライツィンガーか…

ミカエラ・シフリン開幕戦を制す セルデン女子GS

快晴のセルデン、1本目でトップのララ・グート・ベラミに0.02秒差の2位につけたミカエラ・シフリンが2本目で逆転、W杯通算69勝目をあげました。※70勝の誤りでした。お詫びして訂正いたします。 ※追記:このブログの熱心な読者の吉田暁央アナウンサーから70勝…

女子GS前日コースオープン W-CUP開幕戦セルデン

快晴のセルデン、明日、明後日の予報も好天で今季は男女とも絶好のコンディションでの開幕となりそうです。 女子GS前日の今日は10時からコースオープン。選手たちはレースコースを2本、フリースキー滑走しました。 ゴンドラで頂上に上がってしばらくすると、…

セルデン到着

セルデンに到着しました。 昨年はコロナ禍、渡欧を断念したので、2年ぶり。PCR検査の手間もかかるかと思い、例年より少し早めに来ました。 レンタカーの気温計は13℃。風はあるものの暖かく、上着なしで歩けます。 いつものプレスセンターに行くと、そこはも…

Tokyo2020 東京オリンピック2021

東京オリンピックが終わりました。 一昨年の暮れに中国武漢で発生したといわれる新型コロナウイルス感染症による一年の延期、そして国内での感染拡大による無観客開催と、異例尽くしのオリンピックが昨晩閉幕しました。 自国開催、生まれ育った都市でのオリ…

安藤麻2本目に進めず W-CUPヤスナSL

悪天候の予報により、当初、日曜日に予定されていたSLを今日土曜に変更して行われた、スロバキア・ヤスナのW-CUP女子SL第6戦。 ミカエラ・シフリンが逆転勝利を飾り、W-CUP通算69勝目。 リンゼイ・ボンの82勝まであと13勝です。 「自身W-CUP最小ビブ」25番で…

富井大賀 初優勝 全日本選手権男子GS

快晴の阿寒湖畔スキー場ウタラ、全日本選手権最終日の男子GSは富井大賀(中央大)が1本目53.79秒の1位、2本目52.71秒4位で2位新賢範に合計で0.14秒差つけ、初優勝を飾りました。 全日本選手権の直前に同一コースで行われていたインカレの代替大会でもある全…

湯浅直樹と向川桜子が優勝 全日本選手権SL

北海道全域に渡って記録的な大雪となった2日、深々と降る雪の中、夜7時から夜中の1時までに渡る懸命なコース整備の甲斐あって、今日の男女SLは無事に開催されました。 男子は湯浅直樹が自身6度目となる全日本選手権優勝を飾り、女子は向川桜子が3度目の全日…

レースはキャンセル 全日本選手権男子GS

今朝、車の上にはサラサラな新雪が50cmほど積もっていました。 インスペクションも行われ、30分遅れでスタートする予定で進行していましたが、コース状況不良のため、今日の男子GSは中止となりました。 写真はゴールエリアでのキャプテンミーティングです。 …

荒井美桜初優勝 全日本選手権女子GS

数日前はマイナス12℃まで冷え込み、寒かった阿寒湖畔スキー場ウタラでしたが、昨日から気温は上昇。全日本選手権初日、女子GSはプラスの気温下で行われました。 3番スタートの荒井美桜(サンミリオンSC)が1本目56秒29の1位、2本目57秒47の5位、合計1分53秒7…

祝!安藤麻コルティナ世界選手権女子SL10位

しばらくご無沙汰しておりました。 2021コルティナ世界選手権はずっとNHK BSで視聴しておりました。 加藤聖五の男子GS18位と安藤麻の女子SL10位は「期待を超えて大活躍してくれた」という思いでいるのは皆さんと同じではないでしょうか。 私は「現地で撮影し…

小山陽平2本目進めず シャモニSL2戦目

昨日と同じ59番スタートの小山陽平、今日も+3.08秒の46位で昨日に続き2本目進出はなりませんでした。 男子SL第9戦シャモニは1本目、ヘンリック・クリストッファーセンがトップ。+0.23で2位にパンテュロー、3位にレッドビブのマルコ・シュバーツが+0.44秒でつ…

小山陽平31位で2本目に進めず シュラトミング

昨晩オーストリアのシュラトミングで行われた男子SL第7戦は、マルコ・シュバーツが今季2勝目、W-CUP個人通算3勝目をあげました。 60番スタートの小山陽平は1本目ゴール時点29位。 JsportsのLive中継を見ていて、残り11人で今日は2本目に進めそうと期待しまし…