アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

スポンサーリンク

小山陽平31位で2本目に進めず シュラトミング

昨晩オーストリアのシュラトミングで行われた男子SL第7戦は、マルコ・シュバーツが今季2勝目、W-CUP個人通算3勝目をあげました。 60番スタートの小山陽平は1本目ゴール時点29位。 JsportsのLive中継を見ていて、残り11人で今日は2本目に進めそうと期待しまし…

ジュリアン・リゼルー引退

フランスの41歳、日本でも人気のジュリアン・リゼルーが今晩シュラトミングのレースで引退します。自身のインスタグラムで表明しました。 冒頭の写真は彼のワールドカップ初優勝、2009年1月キッツビュールです。 チームメイトのグランジェだけでなく、イビッ…

安藤麻44位と欠場 Kranjska Gora GS 小山陽平は2本目進めず Flachau SL

W杯女子GS第4戦クラニスカ・ゴラは開幕戦セルデンの勝者、マルタ・バッシーノが優勝。38番スタートの安藤麻は+4.82秒の44位で2本目に進めませんでした。 本日の第5戦もバッシーノが連勝。 安藤麻は欠場しました。 「現在の調子とレースの優先順位などを考え…

安藤麻26位 Flachau SL

女子SL第5戦フラッハウ、28番スタートの安藤麻は26位。ミカエラ・シフリンが今季SL初勝利、W-CUP通算68勝目を挙げ、男子マルセル・ヒルシャーの67勝を超えました。 また、シフリンはSL通算44勝目で女子単独種目の通算勝利数トップとなりました。 写真はジオ…

小山陽平1本目コースアウト Adelboden SL

W杯スラローム第4戦、55番スタートの小山陽平はアデルボーデン名物、超絶急斜面の入り口でポールに入りきれずコースアウトしました。 1本目のラップはクレモン・ノエル。 ビクトール・ムッファ・ジャンデが+0.41秒で2番手につけ、それに100分の1秒差でロイッ…

小山陽平43位で2本目に進めず ザグレブSL

小山陽平にとって、シーズン「開幕戦」となったザグレブSLでしたが、51番スタートで+5.13秒の43位に終わり、2本目には進めませんでした。 ラップは昨年のこのコースの勝者、クレモン・ノエル。 マドンナで今季初勝利を挙げたクリストッファーセンは+1.03もの…

安藤麻、+2.95秒22位で2本目へ ザグレブSL

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 滑った直後、おなじみジオがザグレブのコース上からすぐに写真を送ってくれました。 現在、まだ1本目進行中ですが、安藤麻は+2.95秒の22位で2本目に進出する模様です。 ラップ…

安藤麻、自己最高15位 センメリングSL

昨晩行われた、オーストリア、センメリングSLはスイスのミッシェル・ギジンがW-CUP初優勝を飾り、40番スタートの安藤麻は自身最高位の15位に入りました。 1本目+2.93秒の30位で2本目に進んだ安藤麻、2本目はシフリン、ブルホバらも上回る全体5番手の滑りで15…

安藤麻1本目43位で2本目進めず センメリングGS

W-CUPはクリスマス休暇をはさんで、今日はオーストリアのセンメリングで女子GSが行われ、1本目、安藤麻は+4.11秒の43位で2本目に進めず。 ラップはペトラ・ブルホバ、+0.59秒の4番手にミカエラ・シフリンでした。 しかし、2本目は突風のためキャンセル。この…

ミカエラ・シフリン「復活」 安藤麻1/100秒差で2本目ならず

さきほど、クーシュベル2日目、女子GS第3戦が終わりました。 ミカエラ・シフリンがGSではほぼ1年ぶりの勝利。 お父様の急逝で今年1月末からワールドカップを欠場、今季も開幕セルデンは欠場し、レビ、一昨日と勝利はありませんでした。 しかし、今日、「復活…

マルタ・バッシーノ連勝 安藤麻22位 クーシュベルGS第一日

さきほど、フランスのクーシュベルでの女子GS第2戦が終わりました。 セルデン開幕戦の勝者、マルタ・バッシーノが逆転で連勝、W-CUP通算3勝目をあげました。 安藤麻は39番スタートから+3.52秒の30位で2本目に進出、セカンドランは全体16位のタイムで合計+5.9…

マルコ・オーダーマットGS初優勝 加藤聖五57位 W-CUPサンタカテリナ

2020-21シーズンGS第3戦はスイスの23歳、マルコ・オーダーマットが自身初のGS優勝、W-CUP通算2勝目をあげました。 一昨日、自身初となるレッドビブを表彰式で纏ったオーダーマット、ここまでの3戦で2位、3位、1位と表彰台を外さない滑りで種目別トップに立ち…

ルッカス・ブラッテンW-CUP初優勝 セルデン開幕戦

世界的なコロナ禍、2020-21シーズン開幕戦はノルウェーの20歳の新鋭、ルッカス・ブラッテンがW杯初優勝を遂げました。 しばらくブログの更新が滞っており、失礼致しております。 晩夏ごろから国内のスポーツイベントが徐々に正常に(と言ってもほとんど無観…

COVID-19 日本緊急事態宣言解除

5月26日午前0時、日本の緊急事態宣言は解除されました。 4月7日から緊急事態宣言が発出され、政府からの要請による「Stay home」の日々は、「極力外出しない」、「スーパーへの買い物は3日に1度」、「道を歩くときはソーシャルディスタンス」、「電車、バス…

2019-20シーズン終了

一昨日、昨日と立て続けに女子スウェーデン、オーレ、男子スロベニア、クラニスカ・ゴラの中止が決定。2019-20シーズンはあまりにも唐突に終わりを告げました。 欧州における新型コロナウイルスの蔓延は皆様もご存知のイタリアが最もひどく感染者数12,462人…

最終戦コルティナ中止

www.fis-ski.com軒並みのスポーツイベント中止で「失業中」の週末、のんびりとベッドから抜け出すと、明け方の3:58にFISから最終戦コルティナのキャンセルをアナウンスするメールがきていました。 「これは私たちにとって非常に難しい決断でしたが、最終的に…

FEC遠軽・阿寒ともに中止

今月29日から開催予定だったコンチネンタルカップ、ファーイーストカップの日本シリーズは遠軽、阿寒ともに中止となりました。 来月19日から予定されているロシアでのFEC最終戦シリーズは現状開催予定ですが、予断を許さない状況であるのは皆様もご承知の通…

新潟湯沢苗場SLは中止

10時1本目スタートの予定でしたが、12時30分まで待って、今日のSLは突風のため中止となりました。 写真はレース前にトレーニングランを行うクレモン・ノエル。 残念ながら天候悪化には勝てませんでした。 4年ぶりの日本でのワールドカップだけに残念です。 …

フィリップ・ズプチッチW-CUP初優勝 新潟湯沢苗場GS

クロアチアの27歳、フィリップ・ズプチッチがW-CUP初優勝、クロアチア選手のGS初優勝、コステリッチ一家以外のクロアチア選手の初優勝を苗場の地で成し遂げました。 「夢がかなった気分」と満面の笑みで語ったフィリップ、「でも今季はシーズン前から調子が…

安藤麻25位 クラニスカゴラSL

雪不足のマリボルから同じスロベニア、クラニスカ・ゴラで移設開催された女子GS第6戦、1本目31位で惜しくも2本目進出を逃した安藤麻が、今日のSL第6戦では1本目28位から3つ順位を上げ、25位となりました。撮影はジオです。 これで今季はキリントンSL18位、サ…

小山陽平31位で2本目逃す W-CUPシャモニ

フランスのシャモニで行われたSL第9戦、57番スタートの小山陽平は2本目進出まで0.02秒及ばず、惜しくも31位で2本目に進めませんでした。撮影はアレッサンドロです。 1本目は18人、2本目も8人がコースアウトするサバイバルレースを制したのはクレモン・ノエル…

閏年2月

今年は閏年で今月は29日までありますね。それはつまり、夏季オリンピックイヤーということでもあります。私も今季は新潟湯沢苗場ワールドカップの撮影が終わって、3月の半ばにもなると、気持ちは東京オリンピックモードに「突入」しそうです。 冒頭の写真は4…

ヘンリック・クリストッファーセン逆転勝利 シュラトミングナイトレース

勝負はあっけなくつきました。 レース前から降り出した大粒の雨は湿った雪となってインスペクションを行う選手とともにコースを覆いました。 1本目、ラップを奪ったのは1番スタートのマルコ・シュバーツ。 一昨日、地元オーストリアでの勝利をあと一歩で逃し…

雨予報のシュラトミング

今朝のシュラトミングはどんよりと曇り空。あいにく、午後からは降雨予報です。 昨晩行われたビブドローで日曜に惜しくも優勝を逃したマルコ・シュバーツが1番スタート、アレクシ2番、クリストッファーセン3番、ノエル4番、ユールは7番スタートとなりました…

ダニエル・ユール、氷結のガンスレンを制す

先週、地元スイス、ウェンゲンで5位に終わり連勝が止まったダニエル・ユールがキッツビュールのSLコース、「ガンスレン」を制し今季3勝目を挙げました。 気温が高く、スキーウエアで少し動くだけで汗をかくほどでしたが、コースは例年通り、氷結。 1本目終了…

マティアス・マイヤー、シュトライフ初制圧 キッツビュール滑降

やはりこの男でした。 マティアス・マイヤーがキッツビュール滑降を初制覇、今季3勝目、W-CUP通算8勝目を挙げました。 冒頭の写真のマイヤーの眼下、ゴールエリアの大観衆は地鳴りのような大歓声で勇者を、そしてマイヤー自身も地元オーストリアのダウンヒラ…

チェティル・ヤンスル、キッツビュールSG初制覇

今日も快晴のキッツビュール、スーパー大回転第4戦はノルウェーのチェティル・ヤンスルが今季初勝利、W-CUP通算23勝目を挙げました。 キッツビュールのSGは初制覇、W-CUPの勝利も2018年11月のレイクルイーズSG以来、久々です。 キッツビュール滑降は2015年に…

ヨハン・クラレがラップ キッツビュール滑降トレーニングラン

昨日のケティル・ヤンスルから0.99秒縮めて、今日はヨハン・クラレが1分55秒69でラップをとりました。 39歳のベテラン、いまだW-CUPでの勝利はありませんが、今季はビーバークリークDHで2位を記録しています。 今日も快晴のキッツビュールですが、例年通りに…

ケティル・ヤンスルがラップ キッツビュール滑降トレーニングラン

快晴のキッツビュール、ハーネンカムレーネン80回大会の滑降トレーニングラン1回目がシュトライフで行われました。 ラップタイムはケティル・ヤンスルの1分56秒68。このコースの最速タイムは1997年フリッツ・シュトローブルが打ち立てた1分51秒58。 明日は全…

快晴のキッツビュール

昨日はラウターブルネンの定宿を朝10時に出発、スイスからリヒテンシュタインを経由して、オーストリアとの国境の町の中華で「おひとり様」ランチを食し、ドライブ6時間でキッツビュールに着きました。 冒頭の写真はキッツビュールの表示が出てあと数キロの…